事業案内 ~橋梁関連製品~

  • 橋梁
  • 橋梁関連製品
  • セグメント
  • 生産体制
  • 主な施工事例

鉄鋼業における豊富な経験と、高度な鋼材利用技術を活かして、
橋梁の設計・開発から資材調達・製作・施工までを一貫して行う事業体制を整えています。
また、1999年には、最先端の技術と設備システムを整えた「鹿島工場」の稼働を開始。
厳しい要求性能に応える高品質・高精度の製品提供を通して「橋づくり」を幅広く支えています。

橋梁関連製品

橋梁建設の進化を支える多様な橋梁関連製品を開発・生産・提供しています。
2種類の合成床版や制震ブレース、直接定着式アンカーボルトなど、経済性や 施工性の向上、工期短縮を実現する当社の製品は、幅広いお客様から高い評価をいただいています。

TRC床版

■TRC床版

トラス鉄筋で補強された軽量タイプの合成床版。
(床版支間4.0m ~ 7.5m)

プレファブトラス鉄筋と底鋼板を溶接接合により工場にて組立、現地にてパネル架設後に、上側鉄筋を配筋し、コンクリートを打設する鋼・コンクリート合成床版です。

サンドイッチ型複合床版

■サンドイッチ型複合床版

高強度、高耐久性タイプの合成床版。
(床版支間6.0m ~ 15.0m)

広幅員の大型2主桁に最適な床版です。
サンドイッチ型複合床版はデッキプレート・CT型鋼・底鋼板からなる鋼殻パネルを工場にて製作し、現地に搬入・敷設後、鋼殻内部に高流動コンクリートを充填することにより形成されます。

SEFジョイント100

■SEFジョイント100

簡易な板組で優れた耐久性・施工性・経済性を実現した鋼製伸縮装置。

鋼部材に耐疲労鋼を採用し、必要最小限の部材で構成した疲労耐久性・経済性に優れた鋼製の伸縮装置です。
コンクリート埋設部材が縦方向であるため、充填性に優れており、小分割での施工も可能であるため、伸縮装置の取り替えにも適しています。

制振ブレースSUB

■制振ブレースSUB

軽量でエネルギー吸収能力に優れた制振デバイス。

座屈拘束ブレースは、地震時のエネルギー吸収量が多いことから、構造物の内蔵型ダンパーとして用いられます。
SUBは、芯材を鋼製の座屈拘束材で補剛した、軸降伏エネルギー吸収タイプの座屈拘束ブレースです。

ウェザーアクト処理

■ウェザーアクト処理

塩分環境下においても、短期間で保護性錆を生成する表面処理剤。

長年にわたる研究から、耐候性鋼の保護性錆の最終形態を解明すると共に、従来の耐候性鋼が抱えていた問題点を解決した“新しい耐候性鋼の表面処理法”を開発しました。

直接定着方式(付着型)アンカーボルト

■直接定着方式(付着型)アンカーボルト

製作・輸送・架設作業の省力化により建設コストの削減に貢献。
優れた耐震性も発揮。

従来のアンカーフレーム方式の問題点を解消するため、大型アンカービームを不要にした鋼製橋脚固定方式です。
アンカービームを用いないため、過大な溶接・組立作業が不要で、輸送・架設が容易になり、建設費の縮減が可能です。